カナダ・バンフ・レイクルイーズ・スキー 2010.02.24〜03.03  総勢14名(ホテル:バンフ.インターナショナルホテル)
2/24:成田発19:00 AC-004--バンクーバー10:50-13:00--カルガリー15:19--バンフ着 
2/25:サンシャインビレッジ 2/26〜27:レイクルイーズ 2/28:キッキングホース 3/1:サンシャインビレッジ  
3/2:バンフ発--カルガリ発11:15 AC-211--バンクーバー11:42-13:55--
3/3 成田着 17:30
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
バンクーバーからカルガリに飛んで、そこからバスで1時間30分のバンフに入る。オリンピックが開催されている所は、バンクーバーの周辺と北側にあるブラッコム・ウイスラーだ。 イミグレーションで真剣な顔をしているHさん。グループ最高年齢の86歳。帽子は、Iさん手作りの一品。参加者全員にも色違いの帽子のプレゼントがあった。 カルガリー空港でスキー板を待っているところ。スキー板は、翌朝早くにホテルまで届けられて、全員、一安心した。 初日のシャンシャインスキー場への途中の景色。曇り、時々晴れのあいにくの天気で景色は見えず、つまらないゲレンデのイメージがあった。 シャンシャインスキー場でバスを降りたところの建物。いよいよ、カナダでの初滑りに、皆さん、やる気満々。
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
曇り、時々晴れのため、遠くの景色が見えず、ただ、だだっ広いのっぺりしたゲレンデの印象が強く、初日から落胆してしまった。雪質は良いが、雪不足のため、スキー板が石で大分、傷がついた。 サンシャインスキー場の最終日は、晴天。遠くの山々が遠望できて、初日のイメージが吹っ飛んだ。景色、雪質、斜度のいずれをとってもすばらしい。コルチナダンペッツオには及ばないものの、それに近いものがあった。 サンシャインスキー場の最終日の景色。 イタリヤ料理店で従業員が2回への階段まで登って写真を撮ってくれた。従業員は、愛想がよくて食事もおいしく、気分爽快であった。
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
レイクルイーズへ行くバスの窓からマウント・キャッスルを見る。この山は、以前はアイゼンハワー・マウンテンと名付けられていたそうだ。 レイクルイーズのベースからゲレンデを眺める。 レイクルイーズのベースには、バンクーバーオリンピックを記念して氷のルージュが造れていた。手に持っているトーチは、このスキー場のオーナーの持ち物で、特別に、シニアスキーの訪問に感謝して貸してくれた。勿論、本物のトーチだ。 スキー場沿線には、鹿が多く生息しており、のんびり餌を食べていた。特に、鉄道沿線は、貨車で運ばれる穀物が落ちてくるので良く集まっているとのことであった。生態系を乱す一因となっているので、問題になっているそうだ。 レイクルイーズの山頂より下界を見る。
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
レイクルーズのシンボル的なホテルと氷河湖と氷河を見ることが出来た。 食事の量は多くて、皿の上に乗っているステーキを一つ食べるのがやっとであった。キッキング・ホース。 キッキング・ホースでの昼食の一時。86歳もワインを飲んで、真っ赤になっていた。元気なのには、感心させられた。 キッキング・ホースのベースで一服
         
感想:
●224から33日までの8日間カナダのへバンクーバにスキーに出かけた。
 勝田会長をはじめ85才の平沢さん他15名の平均年齢68才の面々ながら、毎日朝から夕4時までサンシャインスキー場、レイクルイーズスキー場そしてキッキングホーススキー場と渡り歩いてのスキー三昧であった。世間では68才はお爺ちゃん扱いされているが、我シニアスキークラブは青春まった中である。ご覧の皆さん我クラブでスキーを楽しみませんか。全会員個性豊かで楽しいクラブですよ。
 そうそうこの期間はカルガリーオリンピックが開催されており、スキー場のレストハウスではカナダ対アメリカのアイスホッケイの決勝戦をテレビ観戦する人であふれかえり、カナダの優勝が決まった瞬間は大歓声・大興奮の渦、この渦の中に身を置けた事も良き思い出である。進藤 

●こんな広いスキー場にきたのは初めてだ。カナダに感動した。 SSさん

●雪は少なかったが、新雪を気持ちよく滑ることができた。 TKさん

●へりスキーをしようと思って、深雪用の板を持ってきたので、ゲレンデが滑りづらかった。今度は、へりスキーにいきましょう。 HA さん

●スキー場は、雪質は良いが雪不足のため小石が出ているところがあり、板がかなり傷がついた。
●サンシャインビレッジは、レイクルイーズ共に広がりがあり、上から下までの距離が結構長い。キッキングホースは、約220ドルを支払い、片道約1時間30分かけて行くだけのメリットはない。他のスキー場に比べて急斜面が多い。雪は少なかった。
全体的に乾燥が激しく、一本滑り降りると、口の中がカラカラに乾燥してしまい、話すことが出来なくなった。カナダ特有の現象のようだ。水を持って滑る事を勧める。
 
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.

これぞ、シニアの滑りだ!!

サンシャインビレッジでの滑り

川野撮影VTR

★バンフにスキー拠点を置いて、サンシャインビレッジ、レイクルーズ、キッキング・ホースの各スキー場に足を伸ばした。

★キッキング・スキー場では、アイスホッケの決勝戦が展開されており、スキーそっちのけで観戦。
 カナダが延長戦でアメリカに勝って金メダルをとったときは、ロッジ全体が歓声に包まれた。優勝の瞬間から、約30秒後の様子を見てください。 

★キッキング・ホースのスキー場は、雪が少なかっので、面白みを実感できなかった。急斜面を滑らない限りおもしろみはないようだし、シニア向けの斜面ではないような気がする。
サンシャインビレッジの景色(CMになるようなVTR)

●温暖化の影響があるのか、全体的に暖かく、花粉症に悩まされた。
●日本からカルガリー、バンフまでの時差が大きく、ダメージが大きかった。この時差の中でオリンピックを戦っている選手も大変であろう。
●平野は雪が無く、比較的暖かい。スキー以外に温泉に入ったり、博物館やショッピングが出来る。
●スキー場、雪の量、気象環境、食事、景色は、ヨーロッパアルプスに比べて、カナダは見劣りがする。きめ細やかさがなく、観光サービスに大雑把な感じがした。スキー場への「バスに乗れない人がいても、気にしない」。スキー用品のレンタルは、各自がコンピュータを操作して申し込むが、アドバイスをする人がいない」。等々。
雪のない季節に比べると、全体の景色は感動する程ではない。
●人柄は、いいし、治安もよさそうだ。

●レイクルイーズ、キッキングホースへの道路では、スピード違反者の取り締まりが頻繁に行われていた。約35年前には、カルガリからバンフ、レイクルイーズへ、150キロ前後のスピード運転したが、パトカーの姿はどこにもなかった。
●夕食は、全員で中国料理、イタリア料理、カナダ料理、日本料理と食べ歩いたが、一番まずくて態度が横柄だったのは中国。食べさせてやるといった感じで気分は最悪。一方、愛想が良く美味しかったのは、イタリア料理。鮭料理は、カナダ。刺身は日本となる。中国人は何処の店に入っても、50歩百歩で、態度が悪く、美味しい料理が出て来ない。本場、中国でも同じだった。
●カナダでは、アイスホッケ、フィギュアスケート、カーリングがTVで放映されていて、スキー場のロッジは観客で満員。スキーそっちのけで観戦してました。
★ないようであった話★

●風呂に入ったら「桶がないし、洗い場もない。お湯を捨てても流れていかない」とあわてた人。
●フロントに日本語で話しかけたら、日本語で答えてくれて満足した人。
●持って行ったスキー靴が合わなくて、3回もスキー靴を変えて、帰国時に持って行ったスキー靴を捨ててきた人。
●斜度40度を超えるところを滑り、暴走、転倒して、みんなを喜ばせた人。
●空港の土産屋で、オリンピック記念の帽子を連鎖反応的に買い込んで、在庫がなくしてしまった人。