第16回 シニアスキー教室(小海リエックス)に参加して

3月12~13日、今シーズン最後のクラブ行事に参加させていただきました。

つくばからのバスに乗って、一路小海へ。わがクラブからの参加者は26名でした。

県連の幹事のかたが、検定試験の受付をバスの中でしていました。

「1級を受ける人が少ないので、受けたらどうですか?」という、メールが届きました。

「え!わたしが受験?」まったくその予定がなかったのですが、パーキングに寄るたびに

何人かの方々に声をかけていただいたので、受験することに決めました。
11時半から開校式、そしてそれぞれのクラスに分かれて、講習が始まりました。

私達のクラスは、生涯スキーの方3名と、1級受験の2人でした。

当日の3時から検定があると言うことで、次々と受験種目を講習して下さる先生の後を必死について行くのが精一杯でした。

昼食をゆっくり食べる余裕がないままに、検定が始まりました。

クラブの皆さんが応援に来てくださって、心強かったです。

「あるがままに~。」と、言い聞かせて滑りました。

とりあえず、検定が無事終了してホッとしました。

夕食後に、テスト結果の発表です。なんと、1級合格者に名前を呼んでいただくことができました。びっくりです。

クラブの皆さんに、お祝いをしていただいたのですが、手放しで喜べず、複雑な気持ちでした。

13日は昨日受験したMさんと、昨日の取りこぼしの講習をしていただきました。

なかなか思うように滑ることが出来ず、来シーズンに向けて沢山の課題をいただいた小海のスキー教室でした。

クラブの皆さんの後押しと、温かい応援のお陰様で、検定を受けることができ、楽しいスキーも経験できました。ありがとうございました。

来シーズンも又、技術アップを目指したいと思っていますので、よろしくお願いします。

坂口 章子