●記事を書き込んで「書込む」ボタンを押した直後に、「再読み込みボタンを押す」と二重に書き込まてしまいますので、注意してください!

《207》  名前:三毳山(みかもやま)   
 カタクリ群生地
3/28(火)、栃木県三毳山(みかもやま標高229m)の万葉コースを約3時間ゆったりと歩いて来た。三毳山(みかもやま)は南北3.5qに連なる細長い山で、春に先駆けてカタクリの群生がみられるところで、里山周遊を楽しみながらカタクリを愛でる多くの登山客で賑わっていいました。写真は最高峰「青竜ヶ岳」付近のカタクリ群生を映しました。興味がありましたら是非お出掛け下さい・・・・・。以上です。
  2017年3月29日(水)8時10分    

《206》  名前:古河まくらがの里   
 古河の歴史を訪ねた「花桃ウォーク」
3/26(日)所属するクラブの歩く会に参加。この「古河の花桃ウォーク」には昨年に続き参加した。今年は欲張って20qに挑戦し、約3時間30分(9時〜12時半)で踏破出来たが、生憎の時々降る雨模様に合羽姿がずっしりと重く感じる状況であった。「古河公方公園(古河総合公園)」内の”はなもも”は一番のみどころで、まさに桃源郷を思わせるとの事で写真を映して来ました。興味がありましたら是非お出掛け下さい・・・・・。以上です。
  2017年3月27日(月)7時16分    

《205》  名前:偕楽園観梅   
 梅の花を愛でながら弁当を食べて来ました
3/16(木)のお昼時、小春日和の陽気に誘われて、自己啓発講座修了後に先生と講座仲間全員で偕楽園の観梅に出かけました。見晴広場で輪になって座り、購入した弁当を広げて先ずは腹ごしらえ。その後、講座仲間の語学研修を兼ねた外国語でのガイドを聞きながら園内を散策。小生はまだまだ理解できない部分が多くて力不足を痛感。皆さんご存知の通り、1842年水戸藩第九代藩主徳川斉昭公が創設しました。何十年ぶりかの観梅で、公園内の整備が以前に比して格段に進んだ印象を持ちました。「偕楽園は陰陽調和の実践の場」だそうです。興味のある方はどうぞお出かけ下さい・・・。以上です。
  2017年3月21日(火)14時56分    

《204》  名前:小海スキー教室   
 夕食会の画像です。
Tさん申し訳ありません、指がちょっと入ってしまいました。
  2017年3月14日(火)13時59分    

《203》  名前:スイセン花めぐりの山歩き   
 千葉県鋸南町嵯峨山ウォーキング
房総の山里風景、斜面を埋め尽くすスイセンの群生、そして山頂からの眺望が楽しめる山歩き&ウォーキングに参加して来ました。1/12(木)にもかかわらず登山道脇のスイセンから漂う芳香が一足早い春を感じました。山頂からは、東京湾と対岸の横須賀方面、そして、聳える富士山の雄姿を拝顔出来、新年から幸先良い出来事に心から喜んでおります。写真は、嵯峨山(標高316m)に続く登山道沿いにスイセン(種類上は日本スイセン)の花がたくさん咲いていました。民家近くの道沿いでは、有人・無人で一束200円(10本程度でしょうか?)で販売しており、私たち一行では、多くの皆さんが買い求めていました。ここ山麓の(保田)はスイセンの産地として有名で、江戸時代の老中、松平定信が1811年に房総を視察した時の日記にも書かれているとの事です。スキー行の合間に足腰の鍛錬を兼ねてほっと一息を入れるのも良いかも知れませんね・・・。以上です。
  2017年1月14日(土)8時41分    

《202》  名前:終盤に雨が降り出しましたが・・・   
 第24回MSSCゴルフ会を愉しみました。
前日は好天で気温も高く素晴らしい秋晴れでしたが、当日(10/28(金))は、予報通り午後の部終盤から雨が降り出しました。それまでは曇りでしたが、何とかプレーが終わるまでこの曇りが持ちこたえるのを願っておりましたが、予報通りの状況にやや残念な状況でした。都合が着かなかった方も多く、前回同様やや少ない12名での開催となりましたが恒例の第24回MSSCゴルフ会を開催致しました。当ゴルフ会は、当クラブの会員以外にスキー活動を通して交流が得られた幅広い階層からの参加ですので、語られる情報も多く賑やかなゴルフ会となっております。当日は、副賞として、友崎会長、勝田顧問、鬼沢顧問、小野瀬副会長から、それぞれ、コーヒーやワイン、そしてお米やゴルフボール等の提供があり、これらの豪華賞品を目指して頑張りました。栄えある優勝者は初参加の小沼隆志(H27入会)さんです。GROSS 87 HDCP 12.0 NET 75.0の見事な成績でしたBESTGROSSも小沼さんで素晴らしいプレーに皆さん感嘆を致しました。反省会で友崎会長より提案があり、あらためてクラブ会員全員にゴルフ会員の募集をし、出入り自由のサークル活動化への検討依頼がありました。大変良い提案ですのでその方向で実施して行こうと考えています。有難うございました。(幹事長)田所 (幹事)小野瀬・小島 代理小杉   以上です。
  2016年10月29日(土)9時28分    

《201》  名前:那須連山の紅葉を訪ねて   
 「朝日岳〜三本槍岳登山」
那須岳は茶臼岳を盟主に「朝日岳(1,896m)」や最高峰の「三本槍岳(1,916m)」などの秀峰を連ね、広大な裾野を広げ、雄々とそびえる百名山の一峰です。10/13(木)所属するクラブの行事に参加した。茶臼岳下の峠の茶屋〜峰の茶屋〜朝日岳〜熊見曽根〜三本槍岳〜北温泉分岐〜マウントジーンズスキー場分岐〜那須ゴンドラ山頂のコースを概ね6時間(朝8時30分出発午後14時30分到着)を掛けて縦走した。当日は生憎、気温が低くて風も強く、最大限の防寒をしながらの登山で大変難儀な状況であった。期待していた「三本槍岳」山頂からの360°の展望もガスによって叶わず少し残念な気持ちでしたので機会を作って又訪れたいと思った。写真は、「三本槍岳」から下山時に映した紅葉の状況ですが、もう少し日が照れば更に映える状況と思われましたが、先ず先ずの紅葉を愉しめたので満足の登山でした。以上です。
  2016年10月14日(金)18時13分    

《200》  名前:総会後の研修  
 緊急時の処置の講習会
◆総会終了後、同じ会場で安全教育講習会を実施しました。
 
「水戸地区救急普及協会」のスタッフ3名による実践的講習会は、大いに役に立った。1時間と云う短い時間であったのが、残念であった。
 
◆講習会は、ビデオ学習から入って実技に移った。

★三角巾の使い方、緊急時の処置の仕方、けが人搬送方法を中心に実技を実施した。

○三角巾を使ったことがない人が大部分で、救急処置の仕方に、全員、熱心に技術の習得に励んでいた。

○特に、捻挫、骨折処置は、スキーや山歩きをする者にとって有意義であった。

○けが人の搬送の道具づくりと搬送方法ースキーストックを活用した杖作りと、けが人の搬送方法には、大いに感心した。

http://mssc.sweet.coocan.jp/n2016_giji/kousyu160903.html
  2016年9月3日(土)22時53分    

《199》  名前:北アルプス大パノラマコース縦走   
 「燕岳・大天井岳。常念岳」登山
8/23(火)〜8/25(木)所属する山の会行事に参加。7月山行(中央アルプス「木曽駒ヶ岳・空木岳(うつぎだけ)」)が悪天候予想の為に中止となって大変残念に思っておりましたので、今回山行が予定通り実施出来る事を念じておりました。台風の影響が心配されましたが、現地長野地方は3日間とも先ず先ず気象状況に恵まれた為、思い出多い登山となりました。コースを少し紹介致します。北アルプス三大急登の一つ合戦尾根を登り、花崗岩の風化した奇怪な山容の「燕岳(標高2,763m)」からの大展望を楽しみました。二日目は、燕岳から「大天井岳(おおてんしょうだけ(2,922m))」を経て常念小屋へ。このコースはアップダウンの少ない雲上の楽園でした。三日目は、「常念岳(2,857m)」を登頂。早朝3時45分山小屋を出発し、途中でご来光を拝み、空が明るみ次第に北アルプスの主峰「槍ヶ岳」や「穂高連邦」を目の当たりにする事が出来ました。再び常念小屋に戻り、登山口の一の沢へ下りました。写真は、常念岳山頂から槍ヶ岳・穂高連邦を映しました。常念岳の山容が陰になって映っているのが判りますでしょうか!!。スキーシーズンまでもう少し時間がありますので、更に体力の向上に頑張ろうと思っています。以上です。
  2016年8月27日(土)10時13分    

《198》  名前:いばらきヘルスロード早朝ウオーク   
 平磯海岸から中世代白亜紀層海岸を巡る
猛烈な暑さにより寝苦しさから疲労が回復せずに身体が少々ばて気味の昨今でしたが、8/6(土)、所属するクラブ行事「早朝ウオーク」があり、7時30分にひたち海浜鉄道平磯駅集合で参加した。勿論朝から気温は急上昇・・・うだる様な暑さの中、大汗をかきながらの水分補給の繰り返しウオークもまた、一味違った充実がありました。平磯駅から起松神社(おきまつ)〜津神社〜網のし唄の碑〜白亜紀層海岸〜姥の懐〜おさかな市場〜那珂湊駅までの10qコースを愉しみました。写真は、中生代白亜紀層海岸を映しました。平磯海岸から磯崎海岸に至る30度〜40度に傾斜した鋸の歯状岩礁は「那珂層群」と総称される海岸との事です。時折、アンモナイト、アンモン貝、等が化石として産出されるそうです。那珂湊海岸では、子供たちが家族の皆さんと釣りを楽しんでいる姿が沢山見られて、私も昔の時分を思い出しました。。以上です。
  2016年8月9日(火)13時20分    

《197》  名前:大雪を歩く  
 大雪山花旅
 3年前に黒岳から旭岳に縦走したときは、天候に恵まれてた。しかし、黒岳の頂上付近の花は見頃を過ぎていたし、旭岳姿見の池周辺では、花が咲いていると云う雰囲気ではなかった。

 今回は、その経験を生かして1週間早く、大雪山を訪れる事にしたのだ。
 その結果、黒岳山頂では駒草の花や色とりどりの花々を見ることが出来た。また、旭岳姿見の池周辺が、高山植物の花々の宝庫である事が、はじめてわかった。

 今回は、花を心ゆくまで楽しむことが出来たて、良かった。
  2016年7月21日(木)21時37分    

《196》  名前:岩場・鎖場のトレーニング   
 奥久慈男体山健脚コーース
7月に参加予定の木曽駒ヶ岳・空木岳登山の「岩場・鎖場」の練習を兼ねた奥久慈男体山健脚コースでのトレーニングがあったので参加した。一般コースは数回登っていますが健脚コースを登るのは初めてのため、加えて登山用ヘルメット着用の会員もあってやや緊張しながらの登山でした。鎖場の傾斜はまずまず(大した事ない)の状況であったが、距離が長く予想以上に体力を消耗した感じであった。また、私たちシニアや女性(山ガール)の皆さんにとっては、滑落等の危険が潜んでおり気が抜けないコースである事を痛切に感じました。登山途中はあまり景色を見ている気分でがありませんでしたが、頂上からの眺望は梅雨の合間で幸運にも晴天に恵まれましたので素晴らしかった。写真はその1枚です。中央アルプスの北側主峰「駒ヶ岳」、南側美しい山「空木岳」を縦走する計画であるが、皆さんに迷惑が掛からないように愉しみたいと考えています。不安もありますので、日頃のトレーニングに出来るだけ頑張らなければと思っています。以上です。
  2016年7月10日(日)10時25分    

《195》  名前:梅雨のあいま   
 第23回MSSCゴルフ会が和やかに・・・
何と言う幸運なのでしょうか・・・、前日と翌日が雨で当日(6/24(金))のみが先ず先ずの天気に恵まれました。都合が着かなかった方も多く、また、当日近くに怪我や急用が発生して、やや少ない12名での開催となりましたが恒例の第23回MSSCゴルフ会を開催致しました。会員や会員初参加の方、休会中の方、ジュニアスキークラブ責任者の方、そして、今回は、県連行事(だいくらや小海等)で常にお顔を拝見しています石岡スキークラブの方がゲストで参加を下さり、幅広い階層からの参加で大変新鮮で賑やかなゴルフ会となりました。副賞として、鬼沢会長からメロン、勝田顧問から地元の有名菓子、会からワイン等の提供があり、これらの豪華賞品を目指して頑張りました。栄えある優勝者は中山邦夫さん初の栄冠です。GROSS99 HDCP26.4 NET72.6の見事な成績でした。因みにBESTGROSSは小野寺さんで94でした。お二人ともおめでとうございました。次回は秋です。多くの方の参加をお待ちしています。幹事長 田所、幹事 小杉、以上です。
  2016年6月25日(土)10時47分    

《194》  名前:赤城の山  
 地蔵岳
梅雨時でも、晴れ女3人揃えば、雨も何処へやら。
森林浴をしながら気分良く地蔵岳へ登ってきました。
  2016年6月12日(日)12時45分    

《193》  名前:つくば国際ウオーキング大会   
 平沢官衙遺跡(ひらさわかんがいせき)
第10回の記念大会である「つくば国際ウォーキング大会」に所属クラブ36名と共に参加。所属するクラブは「東海・ひたちなか健歩の会」と称し、1回/月の定例行事に加えて、茨城県やその他団体の行事等に参加して自身の健康維持増進を図っている。スキーシーズンオフの私は、山の会やこの健歩の会に時間を調整しながら出来るだけ参加する様に努めています。6/4(土)20kmコース(遺跡と歴史の道コース)に参加、9時20分スタート13時ゴールの概ね3時間40分で完歩した(実は、クラブ員36名の皆さんの中で20qは私一人で以外は15q以下でした・・・)。少々の休憩をしながら、写真を撮ったり景色を眺めながら緑香る新緑のにおいを愉しみました。写真は筑波山を望みながら国指定史跡「平沢官衙遺跡」を映しました。今から千年以上前の奈良・平安時代の筑波郡の役所跡で現在は復元した板倉、土蔵、校蔵が見られ、遠い昔の人々の暮らしや歴史を感じる事が出来るスポットとなっている様です。興味がございましたら是非訪れて見て下さい。以上
  2016年6月5日(日)12時49分    

《192》  名前:早春の高層湿原散策   
 戦場ヶ原から湯ノ湖へ
所属する山の会では、ヤシオツツジに埋まる日光連山の展望台の山「鳴虫山(栃木県百名山(標高1104m))」への山行を5/10(火)に計画した。生憎前日からの雨により急坂が多い登山道には危険が伴う等との理由により、現地にて急きょ行き先を変更した。戦場ヶ原「赤沼」から「湯滝」経由「湯ノ湖」までの自然研究路を昼食含んで約3時間、幸い雨も上がり薄日も射す中、早春の芽吹きを十二分に堪能した。写真は、奥日光地域の山々が霞んで見えますが「戦場ヶ原」の状況を映しました。この時期にはヤシオツツジやトウゴクミツバツツジに埋まる花の山で中高年登山者に人気の山だそうで今回は残念でしたが次回以降是非登って見ようと思っています。以上です。
  2016年5月11日(水)12時21分    

《191》  名前:新日本歩く道紀行100選文化の道ひたちなか市   
 「ひたちなか海浜公園と埴輪遺跡公園」ウオーク
皆さんGWは如何過ごされましたか?それぞれにお孫さんとの交流や旅行、家庭菜園、スポーツと忙しい充実した日々ではなかったかと推察をしています。私は庭の中の小さな野菜畑に、なすやキュウリ、ミニトマト等野菜苗の植え付けや、えんどう豆、インゲン豆、その他の手(ネット等)の据え付け等をしました。また、新緑が美しく爽やかな5月でもありますので、出来るだけ身体を動かす事にも心がけました。5/8(日)の母の日、所属する「健歩の会」ウオークに参加、勝田駅から国指定「馬渡埴輪製作遺跡」経由ひたち海浜公園までのコース(10q)を約130名の皆さんと歩行を愉しみました。「馬渡埴輪製作遺跡」は、5世紀末から6世紀に埴輪を製作していた工場の跡で、地元中学生が発見して、その後発掘調査を行って詳細が確認されたところです。興味のある方は是非訪れてみて下さい。ウオーク解散後は殆どの皆さんが、海浜公園に入園し、昼食後に三々五々公園内を散策して愉しみました。最盛期が過ぎましたがネモヒィラを見学するお客さん(外国の方が大変多かった印象です。)で賑わっていました。写真は、ネモヒィラの丘から公園南口観覧車方向を映しました。以上です。
  2016年5月9日(月)11時26分    

《190》  名前:新日本歩く道紀行100選   
 「日立の歴史と桜」ウオーク
皆さん!今年の花見を愉しまれましたか?爽やかに晴れ気温も急上昇の10日(日)、所属する会のウオークに参加(12q)。「ものづくりのまち」として知られる一方、幕末の海防拠点「助川海防城」などの史跡でも知られています。更に、ユネスコ無形文化遺産である「日立風流物」や日本のさくら名所100選に選ばれている「かみね公園・平和通り」の桜は皆さんもご存知の事と思います。丁度、この日は、日立さくらまつりが開催され、また、「さくらロードレース」が行われて多くの皆さんで賑わっていました。このウオークの途中、1qもの桜のトンネルとなる平和通り公園が歩行者天国となって、伝統である「日立風流物」も出番のために待機している場面に遭遇しました。見事な桜を入れて映してみました。来年は是非この伝統芸能の人形芝居を見に行きたいと思いました。以上です。
  2016年4月11日(月)16時13分    

《189》  名前:大霧山   
 里山歩き
スキーシーズンが終了して(月山等での春スキーを愉しむ方はおられるようですが・・・・)、皆さんそれぞれに思い思いの色んな予定を準備しておられる事と思います。桜が満開のこの時期、外秩父を代表する山で緩やかな山稜の低山歩きを愉しんで来ました。カタクリの花が見られて、しかも、「大霧山(標高767m)」山頂からは奥秩父全山と八ヶ岳、谷川岳、浅間山等が遠望出来ると言う事で大きな期待をして歩きました。天気は先ず先ずでしたが、前日の大雨がの影響でしょうか・・・一面ガスがかかって見晴らしが不十分で残念。お目当てのカタクリも何でしょうか?、全て持っていかれたとか・・殆ど見ることが出来ませんでした。まあ・・春の息吹を目いっぱい感じながら”関東ふれあいのの道”を愉しみましたので我慢をしたいと思います。歩いている途中に遠くに”こぶし”の花が見えましたので映して見ました。何となく気持ちに潤いを覚えました。皆さんからの写真紹介も楽しみにお待ちしています。以上です。
  2016年4月8日(金)18時17分    

《188》  名前:古河まくらがの里   
 花桃ウォーク
3/27(日)「まくらがの古河 合併10周年記念 第17回 古河まくらがの里 花桃ウォーク」に、所属する「健歩の会」仲間と一緒に参加をした。私は、ウォーク2日目の”渡良瀬遊水地の自然を訪ねる”15qコース(実質16qとのこと)に参加。ご存知の通り、渡良瀬遊水地はラムサール条約登録地であり、栃木・茨城・群馬・埼玉の4県にわたる面積3,300haの広大な面積を有し、緑豊かな広大なヨシ原が特徴で、貴重な動植物が数多く確認されているそうです。恒例の野焼きが初日の3/26(土)に行われたとの事で、まもなく新しい芽が次々と見られ、野鳥の巣づくりが始まるのだそうです。最後に日本一の花桃の里で、今が満開の花を愛で疲れを癒しましたのでその一枚を紹介します。スキーシーズンが終了し、皆さんそれぞれに健康維持を図りながらのトレーニングをなされる事と思います。お互いに頑張りましょう。以上です。
  2016年3月28日(月)8時41分    
 


戻  る   MSSC

〓ENJOY-WEBフリーCGI素材〓
Content-type:text/plain